誰でも投資しやすいみんなで大家さんの仕組み

出資型の不動産投資の利点

元本割れがないので安心

集合住宅

比較的リスクのない投資法として投資信託があります。
これはお客が投資商品を購入して、実際の投資はプロが行います。
そして収益が出たら投資額によって利益が分配される方法です。
これの不動産投資版といえるのが「みんなで大家さん」です。
投資者は「みんなで大家さん」が保有している投資物件の中から選んで出資をします。
出資金は1口100万円からですので、マンション経営などの不動産投資に比べると手軽に投資ができます。
複数の投資ができるので、他の投資物件に分散投資をすれば安全性も高くなります。
また出資した分に見合った利益配分があるので、副業としてもおすすめできます。
このような投資法は元本割れするデメリットがあるのですが、「みんなで大家さん」の扱っている投資物件でこれまで元本割れしたものはないので、その点は安心して出資できます。
また「みんなで大家さん」で実際に投資している人の評判の中で、最も好意的なのが年6回の配当があることです。
2ヶ月に1回は配当金がもらえるので、老後のちょっとしたお小遣いになります。
またこのような投資では利回りが大切になりますが、「みんなで大家さん」が扱っている投資物件の全てが7パーセントの想定利回りになっています。
これは銀行預金の金利に比べると遙かに高利なので、この点の評判も非常に良いものがあります。
不動産投資というと土地や資金を持っている人がやるものというイメージがありますが、「みんなで大家さん」のような出資型投資なら誰でも気軽にやれます。

複数で運用するスタイル

電卓とお金

投資を始めるにあたり、現在は様々な投資商品が展開されていますが、なかでも不動産は非常に高額な投資商品のため、なかなか手が出せない人も多いかもしれません。
しかし、みんなで大家さんの投資商品を活用する事で100万円からの投資が可能となり、不動産を運用する一人となる事が出来ます。
そしてみんなで大家さんの特徴として、普段はなかなか投資が出来ない様な投資商品にまで投資が出来る魅力があります。
このみんなで大家さんのサービスは、複数の人から一口100万円という資金を集めて、一つの不動産を運用するスタイルの事で、利益が出た時には投資家全員で分配するというスタイルです。
そして、非常にバラエティにとんだ不動産商品への投資が可能であり、住居用マンションから小売り店、そして発電所まで多種多様な展開となっています。
発電所などは普段なかなか投資が出来る商材ではないですが、みんなで大家さんでは少額からの投資が可能となっています。
そして各物件へ投資をする前に、想定される分配金の確認も出来ますので、事前に予想される分配金から投資物件を選択しても良いでしょう。
まずはみんなで大家さんのサービスを知りたい人は、商品説明会も開催されていますので、説明会から投資情報から、運用方法、そして過去の運用実績等を聞いてみるとよいです。
実際に話しを聞く事でより現実的な投資イメージを持つ事ができ、今度の資産運用をより明確化出来るでしょう。

メリットが多い新築物件

アパート

不動産投資をしようと考えたときに候補として挙がるものに、マンションとアパート経営があります。
さらに、賃貸物件を購入するときは新築と中古があります。
日本には中古物件が豊富にあり、費用をおさえて投資をすることが可能です。
しかし、日本では新築物件が好まれがちで、中古物件と同じような物件が同じエリアに存在していた場合は新築物件を選択する人が多いというのが現状です。
それでは、新築の一棟買いマンションで不動産投資を始めようと考えると、大幅に必要になる資金が増えてしまいます。
この費用をおさえて新築物件を手に入れる方法に新築アパートがあります。
一棟買いマンションよりも低予算で購入でき、しかも設備は新しいというメリットを持つのが新築アパートです。
また、新築アパートの購入は銀行から融資を受けやすいという傾向があります。
新築物件なので快適な居住環境を提供でき入居者は集まりやすく、適切な家賃設定をすればまず空室に悩むことはありません。
万が一空室が出た場合でも、一棟外のマンションと同様に貸し出せる部屋が複数あるので家賃収入は安定しています。
また、中古物件の場合は建物の状況によっては大規模な修繕やリフォームを考えなければいけませんが、新築アパートは設備が新しいため大規模な修繕が発生するのは将来のことになります。
不動産投資で一番の利益を見込める新築の時期に、賃貸住宅のオーナーにいられるというのが新築アパートの最大のメリットです。