誰でも投資しやすいみんなで大家さんの仕組み

投資候補として考えよう

高い利回りが期待できます

硬貨

資産運用をする際に重要なことは分散投資です。
キャピタルゲインを狙って株式やFXばかりやっていると、ある時に大きな損失を抱えてしまうこともあります。
安定した収入基盤を作っておいて、他方で、しばしばキャピタルゲインを得られる仕組みを形成していくということを考えましょう。
この安定した収入基盤を作る投資対象として注目すべきものに「みんなで大家さん」があります。
みんなで大家さんは、多くの投資家から集めた出資金とみんなで大家さんの運営会社が拠出したお金で収益物件を購入し、そこから得られた収益を投資家に配分するという仕組みの不動産投資商品です。
みんなで大家さんの魅力は高い利回りと優先劣後システムにあります。
みんなで大家さんの利回りは販売される商品によって異なりますが、過去の実績では5%から7.5%です。
販売時に想定利回りとして表示されますが、今までにこの想定利回りを下回ったことは一度もありません。
また、優先劣後システムとは、資産に含み損が発生した場合には、そのリスクを、まずはみんなで大家さんの運営会社が負うというものです。
このため、投資家の出資金は一定の損失が発生しなければ、棄損することはありません。
みんなで大家さんは年に数回しか販売されていません。
また、1つの販売商品の募集口数は数百口程度のもののがほとんどです。
販売されたら即座に申し込めるように、手元にある程度の現金を用意しておきましょう。
1口100万円で購入できます。

分配金

木の集合住宅

みんなで大家さんは、少額で不動産投資に参加する事が出来ます。
お客様の出資金により、営業者が選んだ不動産物件で安定した賃貸利益を分配するという仕組みで運営されています。
これまで想定利回りを下回ったことが有りません。
みんなで大家さんの商品には年6%の分配金という実績も有ります。
低金利の現在では大変魅力的な分配となっています。
しかも安定的に家賃収入として得られることに大きな魅力が有ります。
みんなで大家さんでは、仕事の後の遅い時間の電話に対してもスタッフの方が快く丁寧に対応してくれます。
何か質問したい時やトラブル等が発生した時に直ぐに対応してもらえる安心感もあります。
無理な勧誘もされることはありません。
不動産経験のない初心者にとっては、パンフレットが大変分かり易く理解しやすいので、納得して出資することが出来ます。
また、みんなで大家さんは駅近くのテナントビルを一括借り上げしているので、この点についても出資することへの安心感があります。
みんなで大家さんは家賃収入の下落というリスクは有るものの過去の実績をみても安定した運用でなされているので安心する事が出来ます。
2〜3か月ごとの分配金が入るので、定期的なおこづかいを貰うという感覚でいられることも魅力的な一つとなっています。
みんなで大家さんでの運用には難しい専門的知識や手腕は必要としません。
定期預金のつもりで出資する事が出来ます。
過去の実績についても安心材料となっています。

リスクが小さい上に効率的

握手

不動産投資初心者は新築アパートを買えというのが、プロの資産運用者の共通認識です。
不動産投資にはマンション投資もあれば、中古アパート投資もあります。
個人事業主が増加している現代では、規模を問わず商業ビルも魅力的です。
にも関わらず、なぜ初心者には新築アパートが向いているのでしょうか。
新築アパートの最大の魅力が、満室にするのが極めて簡単だということです。
よほど立地が悪いアパートでなければ、完成前に満室になることは珍しくありません。
不動産投資では入居率が最も重要な指標です。
この入居率を一切心配する必要がないのは、初心者にとって心強いものです。
また、高い家賃を設定できるのも魅力。
新築の付加価値は予想以上に高く、強気の家賃設定が可能です。
入居率が100%の上に多くの家賃収入を得られるのは、新築ならではと言っていいでしょう。
節税効果が高く、キャッシュフローを高められるのも新築アパートの特徴です。
そのカギを握るのが減価償却費。
減価償却費は法定耐用年数から算出し、法定耐用年数は構造と用途によって法律で決められています。
木造のアパートの法定耐用年数は22年となっている一方、鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造のマンションは47年です。
6000万円で新築アパートを購入すれば、毎年約272万円もの減価償却費を計上できます。
同じ6000万円でもマンションであれば約127万円です。
減価償却費は実際に支出されるわけではないため、多ければ多いほどキャッシュフローを高めます。
より短期間で初期投資額を回収でき、効率的な投資を行えるのが新築アパートがもたらす節税効果の魅力です。