誰でも投資しやすいみんなで大家さんの仕組み

安心の仕組みです

高い利回りが魅力

握手

気軽に不動産投資を始めたいのであれば、中古ワンルームマンションや上場不動産投資信託に投資をするよりも「みんなで大家さん」をお勧めします。
なぜならば、中古ワンルームマンションは比較的少額で始めることができるといっても数百万円から2000万円程度の資金が必要になりますし、上場不動産投資信託は投資口が常に変動するので、どうしても含み損益が気になってしまいます。
みんなで大家さんであれば、1口100万円という金額で始められるうえに、株式市場に上場されているわけではないので、日々の価格変動がなく、評価損益が気になることもありません。
一度購入してしまえば、運用期間終了まであまり考えることもなく保有していられます。
なお、みんなで大家さんを購入する際には申し込み手数料がかかりません。
中古ワンルームマンションの場合には仲介手数料や登記費用等がかかりますが、これらの負担が全くないのです。
利回りについても他に比べて遜色ありません。
中古ワンルームマンション投資の場合には実質利回りが4%前後、上場不動産投資信託の場合には平均分配金利回りが4%弱ですが、みんなで大家さんが過去に募集をしてきた商品は5%から7.5%という高利回りです。
収益力があまりに高いと不安を覚える人も中にはいますが、みんなで大家さんの場合、優先劣後システムを採用することによって、投資家の出資金が棄損しにくい形をとっているため、安心して投資をすることができます。

高い利回りを得よう

マンション

資産運用をする際には、まず自分自身のリスク度合いを知る必要があります。
もしも、リスク許容度がミドルリスクミドルリターンとなったのであれば、「みんなで大家さん」に投資をすることを検討してみましょう。
みんなで大家さんは原則的に価格の変動がないため、キャピタルゲインは期待できませんが、安定的なインカムゲインを確保できます。
過去の実績では6%前後で運用できているケースが多く、商品販売時に公表している想定利回りを下回ったことは今まで一度もありません。
6%前後の利回りを安定的に確保しようとすることは、素人ではなかなか難しいです。
しかし、みんなで大家さんであれば、投資主の代わりに、不動産投資のプロ集団が物件の管理運営をしてくれるので、高い利回りを実現できるのです。
なお、みんなで大家さんは多くの投資家から集めたお金で大規模の収益物件を運用する形を取っていますが、修繕積立金や管理費等を運用益から別途差し引かれることはありません。
また、申し込みの際に仲介手数料がかかったり、事務手数料がかかったりすることもありません。
1口100万円という手頃な投資額であり、運用期間は約3年という短期であることから、定期預金代わりに利用している人も少なくありません。
申し込み手続きは郵送などでも可能であるため、わざわざ契約書の調印や決済の時間を取る必要もありません。
この手軽さと収入の確実さから、みんなで大家さんのリピーターになる人も増えています。

物件購入時の重視ポイント

硬貨を積む人

不動産投資の中で最も敷居が低いのが、新築アパートの購入です。
不動産に精通していない方でも、安定した家賃収入を得られます。
また、サラリーマンや個人事業主が、副業として採用しやすいのも新築アパート投資の魅力です。
新築アパート投資の仕組みはいたって簡単です。
月々得られる家賃収入から、ローン返済と管理費を支払うだけ。
つまり、家賃収入を高めローン返済と管理費を抑えれば、利益は増加します。
そのため、新築アパートを購入する際には、いかに高い家賃収入を得られるかを重視することが重要です。
トレンドに則した間取りや設備、最寄り駅から徒歩7分以内の立地、周辺の整った生活環境があれば、家賃収入の低下に苦しむことはありません。
さらに利益の中から少しずつ修繕費を積み立て適切な時期に修繕工事を行うことで、将来に渡って家賃収入を維持できます。
支出管理の面は、どの販売会社を選択するかで異なります。
一般的に販売会社がそのまま管理会社となり、毎月管理費を支払います。
どのような管理サービスが提供されるかだけではなく、管理費もしっかりと比較し販売会社を選びましょう。
また、販売会社によって取引のある金融機関は違うため、提携金融機関も十分に比較したいところ。
わずか1%のローン金利の違いが、10年後には大きな差になって表れます。
提携金融機関が多ければ多いほど有利な条件でローンを利用でき、毎月のローン返済負担を抑えられます。
利益を増加させるためには、収入を増やし支出を減らすことは全ての分野の共通点です。
新築アパートに投資をする際にも、この点だけは忘れてはいけません。